Prologue - 不思議な手紙 -

ー 不思議な手紙 ー


今年に入って一番の豪雨にみまわれたその日の夕方、

あわてて覗いた郵便受けの中に

手紙が一通投函されているのを見つけた僕は、

インクがにじんで読めなくなった差し出し人の名を気にしながら

急いで家に駆け込んだ。

封筒は普通の白い紙のもので、なにやらずい分汚れているように見える。

宛先には確かに僕の名が書かれていた。


誰からだろう。



部屋へ戻って机の上に手紙を置くと、濡れた体を拭きながらそれをじっと見つめた。

華奢な筆跡で、女性からの手紙のようだった。

僕は濡れた手の甲を拭ってもう一度それを手に戻すと

机の中からペーパーナイフを取り出し丁寧に封を切った。

手紙から漂うなんだか懐かしい香り。




中からまず取り出したのは1枚の手紙。

四つ折りの紙をそっと開くと、

まるで蜘蛛の糸のような細い字で

そこにはこう書かれていた。


” 次の満月の夜、

お手伝いに来ていただけますか?

きっといらしてください。

メゾンドカメリア 103号室の住人より ”


手紙はそれだけで終わり、封筒の中からはもうひとつ

ちいさな金属片が出てきただけだった。

僕は手紙を3回読みなおして、静かに机の上に置いた。



差出人も手紙の内容にも、まったく心当たりがなかった。


僕は椅子に腰掛けると

街に降る雨音を聞きながら、

濡れたオリウオロ通りをぼんやりと見下ろしていた。




The tales of MIYOSHI jewelry

from another world🎃




リング

西洋彫刻-オリジナル金色のクモの巣テクスチャ

K10イエローゴールド

ナチュラルダイヤモンド



MIYOSHI SUZUKI & THE WORK