Chapter 7 - バブーシカ -

- バブーシカ -


バブーシカは外国から来た女で、言葉が通じなかったから

誰かが〝Babooshka”、つまり名無しと名づけて呼び始めたんだ。

まだカエル島に人がたくさん出入りしていた頃、

マンションで指輪やネックレスを作っていた。

どこか面白い女で、お前のおじいさんは彼女の作るものを気に入っていたんだ。

ある時、あいつは指輪を注文しにカエル島まで出かけて行ったが

お屋敷で彼女が行方不明になってしまったと言った。

高い所から裏の沼に落ちたようだが、

沼は藻が多くて

とうとう遺体は上がらないまま。

危ないからとそれからしばらくして沼は埋め立てられてしまったんだ。

あれからちょうど50年。

お前はあの頃のあいつとよく似ている。

名前も同じ、ガブリエーレだ(※)。


マッシミリアーノは鳶色(とびいろ)の目を輝かせるようにして

僕の顔を見つめながら言った。


『バブーシカは、今度は助けてもらえたんだ。』









(※) イタリアの古いしきたりとして、祖父母の名前をもらうことがある。



The tales of MIYOSHI。 jewelry

from another world🎄






さらさら洋彫りのリング
K10 イエローゴールド
ナチュラルダイヤモンド(ライトグレー)
サイズ♯12.5


記事に掲載された商品に関するお問い合わせ、遠方発送も承っております。
アイテムによりますが一部商品の受注生産も承っておりますので、
ホームページの Contact (コンタクト)よりお問い合わせください。
住所や商品に関する詳しい情報はお問い合わせいただいた時に提示します。