青いのひとつ。

オーストラリアからやってきた、
ホワイトオパールと
ボルダーオパール。

遊色の美しい好きな石。
色の泳ぎ方がみんな違うホワイトオパールは
大きさも楽しめる。赤だけが多い個性派や、小さ目でも7色揃ったものまで美しさ色々。

宝石言葉の意味も色々あるようだけれど、
見た目からして「癒し」の一言。
指にすっと抱きついて、涼しげに手を振ってくれる感じ。



産出量が激減しているボルダーオパールの、
わりと肉厚な瑠璃色が魅力的なひとつは、
癒しに加えて青い鳥の運んでくるような幸せエッセンスがこもっているように感じる。

青いのはイエローゴールドの枠に合わせようかな。
ホワイトオパールのひとつは白い地金で

と、バリエーションを色々考えてしまいます🤸‍♀️。